Company企業情報

ご挨拶

社会インフラを支える信頼の技術で、
安心・安全な暮らしに貢献します。

JRCシステムサービスは、船舶に搭載する無線装置の装備工事や保守サービスを行う会社として、1954年に設立されました。1968年からは社会インフラに用いられる無線装置も対象に事業の幅を拡大し、現在は河川・ダム管理システムや防災無線ネットワークシステム、道路管理システムなどの設計・施工・保守まで、社会インフラのトータルソリューションを提供しております。

設立から60年を超える歴史のなかで、日本の暮らしや自然環境は大きく変化しました。異常気象による災害が頻発している昨今、全国各地で防災・減災対策のさらなる高度化が求められています。JRCシステムサービスが担うシステムは、国や自治体による災害発生の早期予測や、災害発生時の迅速な安全確保に不可欠なライフラインです。私たちはその使命を常に深く心に刻み、革新を怠ることなく、信頼の技術を提供し続けています。

日本の暮らしを守る。技術者一人ひとりの志を支えているのは、その誇りです。これからも全社一丸となって課題を解決し、安心・安全な社会づくりに貢献してまいります。今後とも一層のお引き立てとご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長 五十嵐 久敬